生命保険が見直すとき、私は、新しい生命保険に加わる多くの人々がしばしばいると思います。



お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫) 生命保険のやさしいガイドブック カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
浮ついた詐欺まがいの投資入門書が多い中で、現実的で読み手が聞きたいと思う答えに囚われることなく、ある意味ご自身が信じる正しいことを述べている本だと思います。ATMの前/銀行窓口に「振り込み詐欺ではあり... コレ1冊でぜ〜んぶわかる! 著者:西野武彦出版社:日本能率協会マネジメントセンターサイズ:単行本ページ数:202p発行年月:2003年08月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベ... 説明において「捨象」は大切ですが、捨象は不正確さを招くため勇気と慎重さが必要です。この本は、良くも悪くもかなり「捨象」していますのでわかりやすいです。初心者(クマ)との会話形式というのもストーリー性が...


直球勝負の会社―戦後初の独立系の生命保険会社はこうして生まれた 生命保険の「罠」 (講談社+α新書) こんな生命保険は今すぐやめなさい(本当に怖い実例編)
金融業界を代表する人物がネット生保を立ち上げた。私も一番最初に聞いたときは驚きもしたし、彼なら当然成功するだろうなと直感した。一般的な知名度は低いのかもしれないが業界での彼の伝説は事欠かない。そんな彼... 2007年11月20日リリース。筆者は一部上場のアパレル企業から歩合給の日本生命の営業職に転職し、十数年現場にいた、という経歴の持ち主である。ただし僕らが知る『生命保険会社の営業』とは違い、良識ある人... 著者:三田村京出版社:中経出版サイズ:単行本ページ数:239p発行年月:2007年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、保険会社、営業員、お客の三者が...



inserted by FC2 system